愛を叫びます

デレマスの十時愛梨ちゃんに向けて叫びます。

 

十時愛梨ちゃん可愛くないですか!!!???

 

いや可愛い!!!!!すごい!!!!!大きい(ナニがとは言わない)!!!!!

 

いや、あの子すごい可愛いよ可愛いしか言葉出てこないくらい語彙力が欠如してしまっている。だがそれも仕方のないこと。なぜなら彼女がとても可愛いからだ。彼女のケーキが食べたい。誕生日に作ってもらって祝ってほしい。それくらい彼女の存在が大きなものになりつつある。欲を言えばその後にフォーエバーラブ!!!!!と叫んで一発しけこみたい。ずっとそばにいて彼女に向けて愛の言葉を囁きたい。

 

愛梨ちゃんに「いってらっしゃい」って言われてから出勤したい。彼女がいればどんな困難でも僕は立ち向かっていけるような気がする。どんなドブラックな仕事でも気合と根性だけでなんとかやっていけそうな気がする。そして疲れて帰ってきたときには満点の笑顔で「お帰りなさい」と言ってほしい。そうすればそれだけで一日のストレスが0になる。ストレス値が例え1億くらい溜まっていても、それが全て吹き飛ぶくらいにストレスが無くなりそうだ。彼女の笑顔はこの社会の闇を全て消し去る。彼女は天使だ。どれだけこの社会の闇が山よりも大きく、業が海より深くとも関係ない。それら全てを消し去るほどの可愛さを彼女は持っている。それくらいに彼女の可愛さに圧倒されている。愛しい。その笑顔を僕だけに向けてほしい。アイドルなんてやらなくていいから僕のそばにいてほしい。いておくれ。頼む。結婚しよ。

 

大好きだ愛梨ぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ふう。

 

書いてる途中、俺すっげぇキモい!!!!!!!ってなったけど気にしない。いや叫ぶくらいならタダだろう。それで明日以降この苦しい現実世界を生き延び、社会に身を捧げ、誰かの役に立てるのなら十分すぎるだろう。生きていくためには時に何かを犠牲にしなければならないことがあるのだよ。(こんなこと言ってるけどまだ20代です)

 

大変失礼致しました。またどこかで。see you again.