12/23に発売した構築済みデッキについて その3

というわけで、ペンデュラム・エボリューションの残りの新規カードについて、書いていくぞい!

 

  • 星霜のペンデュラムグラフ
  • 時空のペンデュラムグラフ
  • 星刻の魔術師

 

サクッと効果を載せていきます

 

星霜のペンデュラムグラフ 

永続魔法
「星霜のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は魔法カードの効果の対象にできない。
(2):表側表示の「魔術師」Pモンスターカードが
自分のモンスターゾーン・Pゾーンから離れた場合に発動する。
デッキから「魔術師」Pモンスター1体を手札に加える。

 

時空のペンデュラムグラフ
永続罠
「時空のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は罠カードの効果の対象にできない。
(2):自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、
フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。

 

星刻の魔術師

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1200
レベル4「魔術師」Pモンスター×2
このカードは上記のカードをX素材にしたX召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキ・墓地のモンスター及び自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から、
魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。
(2):1ターンに1度、自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分のデッキから魔法使い族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。 

 

まずはペンデュラムグラフ2枚から。共に自分フィールドの魔法使い族に対して魔法・罠の対象に取られなくなる効果。というのはどちらかといえばオマケ。本命は両方とも(2)の効果だろう。

 

「星霜のペンデュラムグラフ」はモンスターゾーンかPゾーンの「魔術師」Pモンスターがフィールドを離れた場合に、デッキから「魔術師」Pモンスターを手札に加える効果。

「時空のペンデュラムグラフ」は自身のモンスターゾーンかPゾーンの「魔術師」Pモンスターと相手フィールドのカードを一枚ずつ選択して破壊する効果。

 

この2枚は、「魔術師」デッキにおいては非常に優秀なカードで、その2でも少し書いた破壊されることで何かしらのアクションを起こせるという部分を更に強力にする。

 

例えば、「時空のペンデュラムグラフ」で自身の「紫毒の魔術師」と相手のカードを一枚破壊しつつ、「紫毒の魔術師」の効果で相手のカードを追加でもう一枚破壊しつつ、「星霜のペンデュラムグラフ」で「魔術師」Pモンスターを手札に加えることができる。

この一例を出しただけでも、ある程度遊戯王に触れてきた人ならどれだけ強力かは想像つくのではないだろうか。鳥獣族関連のデッキを使った人ならゴッドバードアタックで自身の鳥獣モンスターをリリースして相手のカードを2枚破壊するのに追加してデッキからカードを一枚サーチしているようなものだ。インチキ効果も大概にry

 

更にこの2枚はその2で紹介していた「虹彩の魔術師」のモンスター効果でデッキから手札に加えられる。マキシマム・クライシスで収録された「デュエリストアドベント」でもサーチは可能なため、手札に加えるのはそう難しくはない。この2枚を如何に早く発動しておけるかが鍵となるだろう。

 

で、最後に「星刻の魔術師」です。「魔術師」Pモンスター2体を素材にエクシーズ召喚するカードで、素材を一つ取り除いてデッキから闇属性・魔法使い族モンスターを手札に加える効果。モンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードが戦闘・効果で破壊される代わりにデッキから魔法使い族モンスターを墓地に落とすことができる。

あ、こいつ墓地のモンスター及び自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中からも手札に加えられちゃうの...なるほど...

ひとまず、闇属性・魔法使い族なら何でも手札に加えられ、「アストログラフ・マジシャン」も対象になっている。「アストログラフ・マジシャン」を手札に加えたいならこのカードを利用するのが良いし、「虹彩の魔術師」、「黒牙の魔術師」、「紫毒の魔術師」ももちろん手札に加えられる。その状況に応じて、必要なカードを手札に加えちゃおう。

もう一つのデッキから魔法使い族モンスターを墓地に落とす効果。うまく利用するのであれば、「時空のペンデュラムグラフ」で自身のPモンスターを対象に相手のカードを破壊しつつ、自身はデッキから魔法使い族モンスターを墓地に落とし、2枚破壊できなかったときの「時空のペンデュラムグラフ」の効果でフィールドのカードを1枚墓地に送るといったところだろうか。

相手ターンに自身の破壊されたくないPモンスターがいればこの効果を利用して守るも良いし、落とす魔法使い族は「虹彩の魔術師」、「黒牙の魔術師」、「白翼の魔術師」、「紫毒の魔術師」を落として「覇王龍ズァーク」を召喚するための布石にしても良いだろう。

 

とりあえずこんなところかな。星8シンクロモンスターやランク4エクシーズを様々持っているなら作ってみるのをオススメします。ペンデュラム・エボリューション3つでそれなりに強いデッキを作れてしまいます。自分も作ってデュエルしてみましたが、中々面白いです。他にもペンデュラム・エボリューションには収録されていない魔術師もいます。それらのカードも使いつつ目的に応じて様々な構築ができるのもこのデッキの面白さかもしれません。

 

次はペンデュラム・エボリューションのカードをメインにした自身のデッキを紹介しつつ、特徴やら何やらを書いていこうと思います。

 

ではでは~