読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/23に発売した構築済みデッキについて その2

その1の続き書いていきます。

 

今回は予告していた通り、以下4枚について書きます

 

  • 虹彩の魔術師
  • 黒牙の魔術師
  • 白翼の魔術師
  • 紫毒の魔術師

 

まずは一気に効果を並べていきます

 

虹彩の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター 星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1000 【Pスケール:青8/赤8】 (1):1ターンに1度、自分フィールドの魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。 このターンそのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。 その後、このカードを破壊する。 【モンスター効果】 このカードはルール上「ペンデュラム・ドラゴン」カードとしても扱う。 (1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 デッキから「ペンデュラムグラフ」カード1枚を手札に加える。  

 

黒牙の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター 星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守 800 【Pスケール:青8/赤8】 (1):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。 その後、このカードを破壊する。 【モンスター効果】 このカードはルール上「エクシーズ・ドラゴン」カードとしても扱う。 (1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、 自分の墓地の魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。

 

白翼の魔術師
ペンデュラム・チューナー・効果モンスター 星4/風属性/魔法使い族/攻1600/守1400 【Pスケール:青1/赤1】 (1):1ターンに1度、自分フィールドの 魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動した効果を無効にできる。 その後、このカードを破壊する。 【モンスター効果】 このカードはルール上「シンクロ・ドラゴン」カードとしても扱う。 P召喚したこのカードはS召喚に使用された場合に除外される。

 

紫毒の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター 星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2100 【Pスケール:青1/赤1】 (1):1ターンに1度、自分フィールドの 魔法使い族・闇属性モンスターが戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。 そのモンスターの攻撃力はダメージステップ終了時まで1200アップする。 その後、このカードを破壊する。 【モンスター効果】 このカードはルール上「フュージョン・ドラゴン」カードとしても扱う。 (1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、 フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊する。

 

どれも共通してP効果発動後、自身を破壊してエクストラデッキに送られる。

モンスター効果についてはそれぞれ「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」としても扱う効果と、戦闘・効果で破壊された場合にそれぞれ効果を発揮する(白翼以外)

P効果で自壊したときにも「白翼の魔術師」以外の3枚はそれぞれ効果を発動できる。「天空の虹彩」や「連成する振動」で破壊しても発動するので、サーチやドローをしながら更にサーチ、蘇生、破壊といった動きも同時に行えるのが一つの強みとして持っている。

また、これらカードは全て星4である。ペンデュラム召喚で特殊召喚してそのままランク4エクシーズに繋げられるし、白翼で星8シンクロモンスターを召喚しても良い。ランク4エクシーズモンスターにはそれぞれ優秀なカードも多いのでガンガン展開してフィールドを制圧していってもいいだろう。Pモンスターをエクシーズ素材にしてしまうと、効果を発動したときに墓地に送られてしまうが、「アストログラフ・マジシャン」の(2)効果は墓地も含まれているため、Pモンスターをエクシーズ素材としてしまうことによって発生するデメリットを補うことができる。積極的にエクシーズしてしまっても問題はないだろう。

 

それぞれの特徴を見ていこう。

 

虹彩の魔術師」は「ペンデュラム・ドラゴン」として扱うことから12/14発売の「マキシマム・クライシス」に収録された「デュエリストアドベント」で手札に加えることが可能だ。更にこのカードから手札に加えられる「ペンデュラムグラフ」カードは2枚あるが、どちらも優秀で1枚はデッキから魔術師Pカードを手札に加え、もう1枚は自分フィールドの魔術師Pと相手フィールドのカードを破壊できる。この2枚を早く揃えられれば展開も安定させつつ、相手には好き勝手させないということができるので、積極的にこのカードはバリバリ破壊していこう。

 

「黒牙の魔術師」はP効果で相手フィールド上のモンスターに対して攻撃力を下げる効果を持っているため、「虹彩の魔術師」のP効果と合わせて使うと相手に大きなダメージを与えることができるだろう。また、自身が破壊されれば墓地の闇属性・魔法使い族を蘇生することができる。レベルの指定がなければ特殊召喚後のデメリットも無いので追加でシンクロやらエクシーズに繋げてしまおう。

 

「白翼の魔術師」はまずイラストがかわいい←ここ一番重要

このカードはPスケールに貼っておけば、フィールドの闇属性・魔法使い族を対象にして発動する効果を無効にできる。その後破壊はされてしまうが無効にする効果にモンスター・魔法・罠の指定は無いので有能なのだ。かわいくて有能。満足したぜ。俺とシンクロしよう。また、このカードはP召喚してシンクロ召喚に利用してしまうと除外されてしまう。そのあたり気をつけながら使っていこう。

 

「紫毒の魔術師」については、闇属性・魔法使い族が戦闘を行うダメージ計算前にそのモンスターの攻撃力を1200アップさせる。更に破壊されると、表側表示のカードを1枚破壊できる。これが強い。後で紹介する「時空のペンデュラムグラフ」と相性がとても良い。このカードを貼って相手に威圧をかけていこう。

 

ひとまずこんなところ。大きな特徴としては、破壊されることで何かしらのアクションを起こせるということ。それぞれの自身のP効果で破壊して効果を発動するのも良いし、Pゾーンに存在するこれら4枚(主に虹彩、黒牙、紫毒だが)を破壊するカードを積んで、破壊しながら様々な展開をしていくのが主な動きになる。「天空の虹彩」を積めば「オッドアイズ」カードを手札に加えられるので、オッドアイズを混ぜるのも良い。また、特定のカードをサーチしつつ展開できることから安定感もあり、そこそこ戦えるデッキになるので、「ペンデュラム軸で何かデッキを組みたい」と思ったのならオススメです。

 

てなわけで今回はこの辺で終わりにしようと思います。最後は以下3枚のカードについて説明していきますね。

 

  • 星霜のペンデュラムグラフ
  • 時空のペンデュラムグラフ
  • 星刻の魔術師

それではまた~ ノシ