読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/23に発売した構築済みデッキについて その1

12/23に発売した「ペンデュラム・エボリューション」について書いていこうと思う。

 

今放送されている遊戯王アークファイブの主人公「榊 遊矢」が操る魔術師をメインに構築されているデッキですね。買おうとした理由は、ペンデュラムを軸に戦うデッキを今まで組んでいなかったので、これを機会に組んでみようじゃないかってことで3箱購入してみたぞい!

 

まずは新規のカードについてと、その中の「アストログラフ・マジシャン」「クロノグラフ・マジシャン」について書いていきます。

 

新規で収録されているのは以下のカード

  • アストログラフ・マジシャン
  • クロノグラフ・マジシャン
  • 虹彩の魔術師
  • 黒牙の魔術師
  • 白翼の魔術師
  • 紫毒の魔術師
  • 星霜のペンデュラムグラフ
  • 時空のペンデュラムグラフ
  • 星刻の魔術師

その他は再録で色んな魔術師、Pモンスター、魔法、罠がそれぞれ収録されてます。

※詳しいことは自分で調べてみてね

 

というわけでまずは新しく出たカードについて見ていこう

 

アストログラフ・マジシャン
ペンデュラム・効果モンスター 星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000 【Pスケール:青1/赤1】 「アストログラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、 自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。 【モンスター効果】 (1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、 その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。 (2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、 「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」 「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。 「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

Pゾーンに貼ったら、自身を破壊して手札・デッキから「星読みの魔術師」をフィールドかPゾーンに置くか特殊召喚を選べる。まぁ悪くはないかなぁといったところ。P召喚できる状態があればそのままエクストラデッキから特殊召喚できるから損になることはほぼ無いだろうし、この効果を使うことによるデメリットが存在しない。その後の展開を妨げるようなこともないので、シンクロ・エクシーズなどに繋げるためのカードを入れてみるのもありだとは思う。

それよりも注目すべきはモンスター効果で、自分のフィールドのカードが破壊された場合に自身を手札から特殊召喚でき、更にそのターン中に破壊されたモンスターならなんでも手札に持ってこれるという。Pゾーンで自発的に破壊したカードですら持ってこれるというわけだ。今回のデッキで新しく収録された「虹彩の魔術師」「黒牙の魔術師」「白翼の魔術師」「紫毒の魔術師」や「慧眼の魔術師」とは非常に相性が良い。自分のターンで展開を促進するために使うも良し。相手ターンに何かを破壊されたタイミングで奇襲として効果を使うも良し。上記に上げたモンスターの自壊効果は比較的容易に発動できるのでこのカード自体が腐ることも少ない。しかも破壊されたカードは相手のカードでも良く、自分のデッキに存在していれば手札に加えられる。

あとは1/14に発売した「マキシマム・クライシス」の表紙を飾った「覇王龍ズァーク」を特殊召喚する効果を持っている。ガンガン回した後にトドメにズァーク。なんてこともできる。ズァーク自体もなかなか強力なカードだからこの効果を使えるような専用構築にしても良い。

 

次に行こう

ペンデュラム・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
【Pスケール:青8/赤8】
「クロノグラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、手札・デッキから「時読みの魔術師」1体を選び、
自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、手札からモンスター1体を特殊召喚できる。
(2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、
「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」
「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

アストログラフ・マジシャンと効果が類似しており、P効果については配置・特殊召喚するモンスターが「時読みの魔術師」に置き換わっただけで、モンスター効果の(2)については同じである。(1)については特殊召喚後の効果が手札からモンスターを1体特殊召喚する効果になっている。特殊召喚するモンスターについては何も制限がないので、自分のターンに発動してシンクロ・エクシーズなど、更なる展開に繋げるのが主な活用方法になるだろうか。しかし、特筆するほどの何かを思い浮かんでいるわけではないので自分は1枚もデッキに投入してはいない。(なんというか、星6ってちょっと微妙な気がするのは自分だけかな?)

 

なんかたった2枚についてだけでもそこそこ長くなったような...というわけで今回は一旦ここまでとします。

次はなるべく早めに、「虹彩の魔術師」「黒牙の魔術師」「白翼の魔術師」「紫毒の魔術師」の4枚について書いていきます。

 

では、また~|ω・)ノシ